もしもうつ病になったら

今まで働いていた会社を辞めて、もっと良い所に勤めたいと、最初の内は希望に満ち溢れていたとしても、なかなか就職先が決まらないと、次第に不安になっていく。いつになったら、無職を脱出できるのかと考える内に、就職をする事が困難になる位の精神的な病気に掛かる可能性があるのだ。それはうつ病である。うつ病は一度かかってしまうと、風邪とは違って、なかなか完治をする事が出来ないというデメリットがある。出来る限りかからないようにしたいものだが、かからないように対策を打つのも難しい病気だ。うつ病は、仕事をしている人がストレスを溜めこんでしまってかかる病気だと思われがちだが、実際にはそんな事はない。どんな状況下だとしても、自分にとってストレスが溜まる環境を作り上げる事で、誰もが発症をする可能性のある病気なのだ。さて、うつ病になってしまったら、病院に行って通院をしなくてはいけなくなるし、ますます再就職をする事が難しくなるだろう。しかし、そこでストレスを抱えてしまうと、かえって病気の治りは遅くなってしまうので注意が必要だ。なので、うつ病かもしれないと思ったら、一度就職活動はやめて、治療に専念するために病院に行くことをおすすめする。また、その際には、長期にわたる通院治療が必要だと判断された場合には、自立支援医療などを活用して、治療費を上手に軽減するようにしよう。無職から脱出するために、抱えてしまった病気はきちんと改善してから就職活動をするようにしよう。

Leave a Reply